オトナのホビー、ラージスケール・レーシング!

出費は?
1/5スケールは小型のRCカーキットにくらべて多少高価です。一例として、入門用としての位置付けがされてい るFGスポーツラインでそろえた場合をあげます。価格はおおよその目安です。
カー FG スピードライン エンジン、ボディ付き 130,000円前後
プロポつきフルセット=150,000円前後
プロポ/送受信システム 送信機、受信機セット 約40,000円
大型サーボ 一個9,000円前後 通常サーボ5,000円/2個必要
受信機・サーボ用バッテリー5,000円
このほか、ガソリン、オイル、ガソリンを運搬するための合法的なジェリカンなどが必要です。燃料は通常のガソリンを使用するため、ほかのエンジンつきRCモデルにくらべ格安です。
上級のコンペティションモデルは油圧ブレーキなどもセットされたタイプなどがあり、車体関係で400,000~480,000円、ノーマルエンジン30,000円以下となっています。

スペアタイヤ、スペアボディ
タイヤは通常のサーキット走行では1セットあればじゅうぶん楽しめますが、レース出場などではある程度のスペアがほしいこともあります。タイヤは2本セット(ホイール込み)で5,000円程度です。タイヤのライフは走行のスタイルによって大きな差が出ます。
ボディは20,000円前後。傷めることが多いフロント部分などはその部分だけパーツで買うこともできます。
ユーズドカー
仕事などの関係で一時RCホビーから離れる、新車を買い直すなど、さまざまな事情で売りに出されたマシンを、輸入元や販売店が細かくチェックして販売するユーズドカー、仲間内での売り買いなどは購入後の修理の相談などもしやすく安心でバリューの高いものと言えます。
一方ネットオークションの物件には、見えない部分やエンジン内部に問題があったりするものがあり、安価なはずのユーズドカーがけっきょくは高くついてしまった、ということにもなりかねません。はじめは販売店や信頼できる1/5ユーザーにアドバイスしてもらい、安心できるものを購入することをおすすめします。

工具など
工具は一般的なドライバーやレンチ、プライヤーなどがあれば十分です。ホームセンターで売ら れているもので当面は支障ありません。しかし、メカをいじるのも楽しみのひとつ。ある程度の品質を持つもののほうが気分がいいものです。
サーキットのパドックには整備のためのテーブルが用意されています。キャンプ用などのチェアは各自が持ち込むことになっています。

イベントなどの参加費
SRCJの走行会、レースは4,000円、ホームサーキットのケイチューン・レーシングスピードウェイのサーキット走行料金は終日で3,000円ほどです。ほかのイベントもだいたいこのあたりに集中しています。
<次のページへ>

F1Co57.JPG
オプションでかためたフォーミュラ
TIRES.JPG
タイヤはライフがけっこう長い
IMG_5836.JPG
工具にこるのも楽しみのひとつ
IMG_6675.jpg
同じ趣味を持つ人との交流は楽しい!