srcjgp2013head.jpg

6190.jpg

6651.jpg

7274.jpg
コンペティションクラス
1/峰岸、2/竹迫、3/伊藤
の3選手

7265.jpg
エコクラス 1/小野寺、2/
伊豆、3/鈴木の3選手

9307.jpg
エコレーサークラスの決勝
スタート

6205.jpg
コンクールデレガンス受賞の佐藤、大木両選手

6168.jpg
総出で排水作業

6185.jpg
九州から参加の水島選手、
大阪の溝上選手

6377.jpg
ボブ、フランク両選手。
セットアップに悩む。

6491.jpg
TQ、優勝を獲得した峯岸選手のRS5/CIVIC

エンルートSRCJ-GP速報:11月9~10日
comp:峯岸選手、悲願の優勝!TQも獲得
・・雨でファイナルがキャンセル、予選結果で決定
eco:小野寺選手、追いすがる伊豆選手を押さえきりポールtoフィニッシュで優勝!
6254.jpg

関西、九州から参加のドライバー、アメリカからの遠征組をまじえ、熱戦が期待された今年のSRCJ グランプリ。一日目の予選、エコ自由走行、二日目の予選までは低くたれこめた雲の下でなんとか実施できたものの、最後の最後になって雨が落ちはじめ、コンペティションクラスのグランドファイナルがキャンセルとなってしまいました。バンプアップレースも終えた後だっただけにたいへん残念でしたが、イコールコンディションが確保された予選の結果をもって成績といたしました。
エコレーサークラスは厳しい路面状況での予選でしたが、決勝はなんとかドライで実施できました。
参加された皆様には、めまぐるしく変わるスケジュールなどにもかかわらずご理解とご協力を頂き、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
追ってレポートなどを掲載いたします。
<リザルトPDF>
SRCJ GP御礼
SRCJグランプリ2013に出場いただいたエントラント、および応援していただいた皆様、お疲れ様でした。
今年のグランプリはコンペ ティションクラスのファイナルが天候による生憎の結果となってしまいましたが、会員の皆様の多大なるご協力のおかげで、二日間無事に過ご すことができましたことを心より御礼申し上げます。
レースの結果はリザルトのとおりですが、今回もこのレースを通じて5分の1レーシング ドライバーの方々のスキルアップとマナーの向上というSRCJ最大のテーマをまた一歩前進させたと確信しております。USAからエントリーのお二人も、日本の選手の成長ぶりには驚いており、フランクさんは翌日の移動中、本気モードで「グランプリで勝つためにはなにか抜本 的な変化が必要だ」と独り言のようにつぶやいていました。もちろん来年もグランプリは開催する予定。その激しいバトルは既に始まっている のかもしれません!
最後に本イベントにご協力をいただいた関係各位、スタッフの皆様に心より御礼申し上げます。    

SRCJ代表 Yamahen